* 記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

【無印】壁に付けられる家具ミラーを1人で取り付けてみた。取り付け手順と感想

買い物

新築して5ヶ月、置き型だったミラーを壁掛けにしました。

最初、大変そうだなと思っていましたが、主婦ひとりでも簡単に取り付けできました。

写真で取り付けの手順を紹介していきます。

無印の壁掛けミラーの取り付け方

全身うつるように縦に取り付けました。

取り付け用ガイドをテープで貼る

ミラーを掛けたい高さのところに「取り付け用ガイド」をセロテープで貼ります。

2、3枚貼っただけだと紙が落ちてきてしまうので、セロテープを8枚くらいは貼りました。

水平器を使えば、よりまっすぐ取り付けられます。

専用フックをピンで固定

フックを取り付け位置に合わせてからピンで固定します。

ピンを固定する順番は説明書に書いてあります。

最初はスルッと入りましたが、他のピンは途中から固くなったので、親指を立てて爪で押し込みました。

10本ピンをいれたらほぼ完成。

ミラー本体を掛ける

なんとなく、ここかなという位置で上からひっかけます。

すると、カチッと固く固定されるのでそれで完成です。

体感で、10分もかかりませんでした。

全身映るかは口コミでチェック済みでしたが、ちゃんと全身映ります。

鏡から1mほどあれば、親の高さに合わせたとしても子供も全身映ります。

今までの立てかけていた鏡から壁掛けになり、空間がすっきり、広くなったように感じました。

そうじも楽になります♩

我が家の個人ロッカーがある玄関スペースはこちらで紹介しています。

無印の壁掛けミラーはネットで購入

買ったのは、「中」サイズのオーク材の「ライトグレー」です。

ネット限定販売のため、現物を確認しないで購入。限りなく白に近かったです。

うちの玄関の壁紙は薄いグレーですが、同じくらいの薄い(明るい)グレーです。

中に入っているもの

取り付け用ガイドと専用フックとピン、説明書です。

鏡は意外と軽かったです。

無印の壁掛けミラーのメリット

玄関に、出かける前に全身がチェックできるミラーが欲しくておしゃれな姿見を検索していて出会った無印のミラーですが、実際に使って見て良かったことをあげます。

  • 下が空くので空間が広く見える。
  • 簡単に取り付けできる。

とにかく手軽に取り付けられて、空間を広く活用できることがこのミラーの良さだと思います。

買おうか迷っている方の参考になりますように。

タイトルとURLをコピーしました